アロマセラピーの基礎について

こんにちは。アロマで健康と美を手に入れる秘訣

オンラインアロマレッスン Seikoです。

 

アロマ基礎講座

 

今日は、アロマセラピーの基礎についてお伝えします。

アロマセラピーという言葉はよく聞くけど、

具体的な内容は知らない~っていう人が多いと思います。

 

簡単に言ってしまえば、

香り楽しみながら、カラダリラックス効果を与えたり、

または気持ちの切り替えに優れていたりと、たくさんの良い作用があります。

 

ただし、何の予備知識も持たずにアロマセラピーを実践するとトラブルを引き起こす可能性もありますので、正しい知識を身につけることが大切です。

 

では早速、アロマセラピーの基礎を見ていきましょう!

 

オンラインアロマ基礎レッスン

 

 

 

アロマセラピーの定義

 

アロマとは芳香セラピーとは療法という意味です。

 

日本語ではアロマセラピーを【芳香療法】といいます。

芳香療法は、あまり聞きなれない言葉ですが、一般的に【アロマセラピー】という言葉の方がよく聞かれていて、馴染みある言葉ですよね。

 

[アロマセラピー]という言葉について

 

[アロマセラピー]という言葉は、いつから始まったか?!というと、

なんと1920年代になってからのことです。

 

アロマを勉強している人なら誰でも知っているかもしれませんが、アロマセラピーの始まりのストーリーは・・・・

 

アロマオンラインレッスン

 

フランスの化学者ルネ=モーリスガットフォセが研究中に片手をやけどし、とっさに近くにあったラベンダーの精油にその手を浸けたそうです。

すると、やけどは悪化するどころか跡形も残らず、びっくりするような速さで治っていきました。

そこで、ガットフォセは精油について研究を始め、[アロマセラピー]という言葉を作ったと言われています。

こんな偶然があるのですね~

 

私はこのストーリーに興味をそそられ、アロマの効果について勉強しました。

実際に、ちょっとしたやけど

例えば、

電子レンジで熱々になったカップを手に触れたとき、

あちち~

急いでに浸した後、ラベンダー水を患部にふりかけたら、

火傷が早く治った気がしました。

 

大変な火傷は、専門的な手当てが必要ですが、

ちょっとした軽傷のようなやけどにはラベンダーを使うと治りが早くなるのかなあ~と思っています。

是非、みなさんもお気に入りの香りでアロマライフを楽しんでくださいね~

 

 

 

Aroma online lesson