美しいカトラリーの使い方

こんにちは。

オーラ美人スタイル 東京・仙台 美マナーコーチ 渡辺聖子です。

 

今日も前回に引き続き、テーブルマナーの基本についてお伝えしています。

前回の記事を見逃してしまった人はこちら

今日のテーマは・・・

ナイフとフォークの使い方について

皆さんは普段、ナイフとフォークを何気なく使っていますよね~

あらためてナイフやフォークの使い方と言われると、考えてしまう方、多いのではないでしょうか!?

エレガントに見えるカトラリーの使い方があるので、早速、見ていきましょう!!

 

ナイフは右手、フォークは左手で持つのが基本です。

ナイフは、人差し指を背にあてます。ナイフの刃は内側にしてね。

 

そしてフォークは、刃の先を下向きにして

人差し指で上から背を押さえるような形で軽く握ります。

 

ここでキレイな所作のポイントは、

肘から上には力を入れないこと。

カラダがカチコチに緊張して見えてしまいます。

 

なるべく肘から先を使うようにして、フォークやナイフを使うと、しなやかさややわらかい所作になり、エレガントな女性にみえますよ。

 

 

 

そしてお皿の上で、カトラリーをカチャカチャと音をたてないようにしましょうね。音を立てて食事をすると雑な感じになってしまいますよ。

 

グラス類に手を伸ばす時には、

ナイフやフォークはいったんお皿の上におきましょう。

よく左手でフォークを持ったまま、右手でグラスを持つ人がいますが、これは美マナーではありません。気をつけてね!

 

 

 

 

スープスプーンは2種類あり、丸型のものと縦長のものがあります。

エレガントにみえるスープの飲み方は、

丸形の場合は、口もとに対してスプーンの先が45度になるように、

 

そして、縦長のものは直角にして口に運ぶと

音を立てずにスープを飲むことができます。

 

スープがお皿の場合、スープが残り少なくなったら、

少しお皿を傾けていただきましょう。

 

 

 

 

 

ナイフとフォークの置き方

食事の途中のナイフとフォークを置く場合、

皿の上にナイフとフォークを【ハ】の字型におきます。

ここでポイントがあります。

それは、ナイフの刃を内向きに、フォークの背を上にしましょう。

 

料理を食べ終えた時には、皿の上にナイフとフォークをそろえておきます。ナイフの刃は内向きに、フォークの背を下にするのが基本です。

ウエイターがさげやすい状態にしておくと、スマートですね。

 

テーブルマナーの基本のフォークとナイフの使い方をお伝えしました。

皆さんは、上手にカトラリーを使えていますか?

是非、日頃から美しいカトラリーの使い方を意識してみてくださいね!

 

★無料メール講座 

オーラ美人になれる秘訣をお伝えしています!

          ↓  ↓  ↓