【世界のアロマ】イギリス、フランス、日本でのアロマ事情について

こんにちは。アロマライフスタイリスト seikoです。

この記事は、アロマ初心者向けに、アロマの基礎を学び、アロマを通して健康幸せな毎日を手に入れる秘訣をお伝えしています。

 

みなさんはアロマと聞くと、どのようなイメージがありますか?

10年前は、アロマって何?と思っていた方が多かったですが、今では、アロマという言葉が世の中に浸透し、気軽に精油を購入できるようになりました。

好きな香りをアロマランプで楽しんだり、乾燥時、ディフューザーを使ったりと日本でもわりと身近になりつつあります。

アロマセラピーとは、日本語で【芳香療法】と呼ばれています。

そしてまた、[アロマテラピー]という言い方も聞いたことがないですか?

これは同じ意味で、[セラピー]はイギリス式の呼び方で、[テラピー]とはフランス式です。

アロマは国によって見解が違います。私は前職、国際線のCAをしていたので、イギリスやフランスで精油を購入していました。今日は、その時に感じたことをお伝えしたいです。今日のテーマは、イギリスとフランスのアロマ事情についてです。

 

アロマで美と健康を手にいれる秘訣 オンラインアロマレッスン講座

 

 

イギリスのアロマ事情

イギリスでは、町中のオーガニックショップで、ふつうにシャンプーなど整髪料の棚にアロマの精油が並んでいます。

イギリスは生活の一部に、自然とアロマがある生活をしています。

たとえば、ちょっと風邪ぎみな時は、抗菌作用のある【ティーツリー】をお部屋に芳香したり、また気分が落ち込んだなあ・・・と感じたら、明るい気分になれる【ネロリ】を入れたバスソルトを作ったり・・・何気ない日常生活が香りのある空間に変わります。そうするとワンランク上の上質な生活に変わっていくのです。

ライフスタイルの中にアロマが存在していて、身近にアロマが使われています。

次はフランスを見ていきたいと思います。

 

フランスのアロマ事情

フランスでは、アロマの精油は、医学的な意味が強く感じます。

販売している場所は、薬局屋さんに多いです。症状を伝えると、薬剤師がいろいろとアドバイスしてくれます。そう、薬の一部という扱いのようでした。

精油のラベルには、精油の情報が書いてあります。葉や花などの部位や水蒸気蒸留法、圧搾法などの採取方法など精油の情報がラベルに書いてあったり、または箱の中に成分表がついている場合もあります。

日本でもメディカルアロマと言われるのはフランス式のアロマが多いです。

国によって、アロマの精油の扱いは全くといっていいほど違います。不思議ですよね。では次に日本はどのようになっているでしょうか?!さっそくいってみましょう!

 

日本のアロマ事情

日本ではアロマは、雑貨扱いになります。自己責任のうえで使ってください・・・とうスタンスの考え方です。使用する際には、特に規制がありません。

精油の成分には、心やカラダにとってよい作用もあれば、人によっては、注意しなければならないものもでてきます。だから正しい使い方やアロマについての知識が大切になってくるのです。

 

今後の日本のアロマ業界は・・・

イギリスやフランスのようなアロマセラピーの先進国は、アロマセラピーの有用性が認知され、民間療法となっています。

現在の日本では、医師や専門家のアドバイスのもと、アロマセラピーの活用が広がってくるのではないでしょうか。これから人生100年時代に突入しょうとする今、健康管理や介護、福祉などアロマセラピーの活躍が期待されています。

是非、皆さんもアロマセラピーの正しい知識のもと、美と健康を手にいれるアロマライフを楽しんでみてはいかがですか?!

 

今日は、イギリス・フランス・日本のアロマ事情についてお伝えしました。