立食パーティーのマナーについて

こんにちは。

仙台マナー教室[ブリリアンス]渡辺聖子です。

 

今日は立食パーティーのマナーについてお伝えします。

 

 

正式なパーティーというよりも立食スタイルのパーティーのほうが、身近ではないでしょうか?

立食パーティーのシチュエーションでは、カジュアルな披露宴、異業種交流会、会社関連のパーティー・・・など

さまざまな状況があります。

 

★立食パーティーのNGマナー

 

●荷物やコートはクロークへ

慌てて会場に来て、コートを片手に・・・という人を見かけます。

コートや大きな荷物は、すべてクロークに預けましょう。

また普段使っている大きめのバックの時には、

カクテルバックといって小さめのバックを用意するとよいでしょう。

貴重品や名刺など必要なものだけを持つようにすると、とてもスマートです。

 

●他の人の分まで料理をよそってくる

自分の分だけ、皿に取る。またバイキング形式なので、自分の好きなものから取りがちです。いきなり、デザートからもNGです。

コース料理の流れに沿って、料理を取るとよいでしょう。前菜、オードブル、メイン料理(肉・魚)、デザートの順番にしましょうね。

また料理も食べ放題ではないので、食べきれない量を取ったりすると他の人がなくなってしまう場合があります。

料理は少しずつ順序を立てて、頂きましょう。

 

●食べながら移動しない

飲食は、フリースペースに配置されたテーブルで頂きましょう。

また皿を手に持ち、食べながらの移動はみっともないのでやめましょう。

テーブルは人数分、配置していない場合があります。お互いにゆずりあいの精神で、食べ終えた皿は下げてもらうようにしょう。

 

パーティーのタイプによって違ってきますが、たくさんの方と幅広く、お話しする機会の場であります。

壁の花はNG!

食事よりも会話を楽しんで、みなさんと、積極的にコミュニケーションをとっていきましょうね。

 

またフリードリンクなので、ついアルコールを飲み過ぎてしまう人もいます。

さまざまな立場の人たちがいる場です。

酔っぱらって、他の方に迷惑をかけてしまうことがないよう、ほどほどにアルコールを楽しんでくださいね。

 

今日は、立食パーティーの作法についてお伝えしました。

是非、参考にしてください!

 

★無料メール講座 7日間でオーラ美人を手に入れるメゾット

美しい所作や幸せになる思考、婚活が上手くいく秘訣など女性がハッピーになれる情報が満載!