洋食テーブルマナー コース料理の流れ

こんにちは。

仙台マナー[ブリリアンス]渡辺聖子です。

 

皆さん、こんな経験ありませんか?

 

突然大事な人との食事会が決まり、テーブルマナーがわからない!

なんかマナーが気になり、せっかくの美味しい食事が楽しめない・・・

 

いざという時のためのテーブルマナーについて何回かにわたり、お伝えしていきます。

 

では、はじめに洋食テーブルマナー編です。

一番最初に洋食のコースの流れを大まかに把握しておくといいですよ。

 

まずは、前菜。

カナッペやお酒にあうおつまみのようなものが多いです。

 

次にスープです。

オーソドックスなものはオニオンスープ、コーンスープなどです。

また季節の旬のもの、パンプキンスープもあります。

 

そして魚介のメイン料理

 

次に、口直しにシャーベット

ほんの1口くらいの量で、さっぱりとした後、次の料理へ~

 

肉類のメイン料理がきます。大体ステーキが多いです。

 

どうして魚料理の後か?というと

魚はさっぱり、たんぱくな味が多いため、肉料理を先に食べると味がわからなくなってしまう・・・

ということで、通常は魚が先になります。

 

そして次はデザート~コーヒーという流れになっています。

フルーツやチーズを楽しむこともあります。

 

私は、CA時代、ビジネスクラスやファーストクラスの食事サービスではこの順番にお客様にサービスを提供していました。

そしてデザートはワゴンの上にケーキ(5種類くらい)、アイスクリーム、フルーツ、チーズ5種類、リキュールを並べ

おひとりおひとりにデザートタイムを楽しんでいただきました。

ワインを食後に楽しむ方は、チーズとクラッカー、ドライフルーツと一緒に・・・・

コースの流れがわかるだけで、次の料理が楽しみになりますよ♪

 

★無料メール講座 7日間でオーラ美人を手に入れるメゾット

美しい所作や幸せになる思考、婚活が上手くいく秘訣など女性がハッピーになれる情報が満載!