初心者向け・アロマセラピーのはじまり【ラベンダー】

こんにちは。アロマで健康と美を手に入れる秘訣

アロマライフスタイリスト Seikoです。

この記事は、アロマ初心者向けに、アロマの基礎を学び、アロマを通して健康幸せな毎日を手に入れる秘訣をお伝えしています。

今日は、アロマセラピーの基礎についてお伝えします。

アロマセラピーという言葉はよく聞くけど、

具体的な内容は知らない~っていう人が多いと思います。

簡単に言ってしまえば、

香り楽しみながら、カラダリラックス効果を与えたり、

または気持ちの切り替えに優れていたりと、たくさんの良い作用があります。

ただし、何の予備知識も持たずにアロマセラピーを実践するとトラブルを引き起こす可能性もありますので、正しい知識を身につけることが大切です。

では早速、アロマセラピーの基礎を見ていきましょう!

 

アロマで美と健康を手にいれる秘訣

 

 

 

アロマセラピーの定義

アロマとは芳香セラピーとは療法という意味です。

日本語ではアロマセラピーを【芳香療法】といいます。

芳香療法は、あまり聞きなれない言葉ですが、一般的に【アロマセラピー】という言葉の方がよく聞かれていて、馴染みある言葉ですよね。

 

[アロマセラピー]という言葉について

[アロマセラピー]という言葉は、いつから始まったか?!というと、なんと1920年代になってからのことです。

アロマを勉強している人なら誰でも知っているかもしれませんが、アロマセラピーの始まりのストーリーは・・・・

フランスの化学者ルネ=モーリスガットフォセが研究中に片手をやけどし、とっさに近くにあったラベンダーの精油にその手を浸けたそうです。

すると、やけどは悪化するどころか跡形も残らず、びっくりするような速さで治っていきました。

そこで、ガットフォセは精油について研究を始め、[アロマセラピー]という言葉を作ったと言われています。

私はこのストーリーに興味をそそられ、アロマの効果について勉強しました。

以前、電子レンジで熱々になったカップを手に触れて、少し手が赤くなってしまった時、このストーリーを思い出しました。

そして少し火傷してしまった手を急いでに浸した後、ラベンダー水を患部にふりかけてみました。そうしたら、不思議と痛みがひいた経験をしました。

大変な火傷は、専門的な手当てが必要ですが、ちょっとした軽傷のようなやけどにはラベンダーがオススメです。

ラベンダーは、誰もが一度は聞いたことがある有名な精油ですよね。次は、ラベンダーの詳しい知識についてお伝えします。

 

ラベンダー

ラベンダーは、リラックスできる精油の代表的な精油です。

 

アロマ初心者向け ラベンダー

 

とても用途の広い精油です。リラックス効果高く、循環器、消化器、筋肉、精神に万能な精油です。

学名: Lavandula officinalis
科名: シソ科
抽出部: 花と葉
抽出方法: 水蒸気蒸留法
オイルの香り: フレッシュだが甘い香り

 

注意事項

① 通経作用があるので、妊娠初期の数か月は使用を避けましょう。

② 低血圧の人は感覚が少し眠くなるかもしれません。

 

こころに対する働き

精神を浄化し、穏やかな気持ちにします。(怒り、心の疲労)

 

からだに対する働き

① 循環器系を鎮静する作用があります。(高血圧、不眠、強心作用)

② 殺菌消毒、抗ウイルス作用があり、呼吸器系のトラブルに役立つ精油です。(カタル、気管支炎)

③ 通経作用があります。(少量月経)

④ 抗ウイルス作用があります。(風邪、免疫力の向上)

 

ラベンダーは、転んだときの擦り傷や打撲を作ってしまったとき・・・

のどがヒリヒリし始めたとき・・・

小さな虫にさされて、かゆいとき・・・など、いろいろな場面で使えます。

 

ラベンダーを常備すると、とても便利です。是非、皆さんもはじめての精油にラベンダーはいかがですか?いろいろな場面で大活躍する精油に間違いないですよ。

 

今日は、アロマセラピーの定義、アロマセラピーのはじまり、そしてラベンダーについてお伝えしました。

みなさんもラベンダーの香りを使って、アロマライフを楽しんでくださいね~