香りをキャッチする流れについて

こんにちは。

オーラ美人香り心理学 アロマコーチ渡辺聖子です。

 

 

今日は、香りをキャッチする流れについてお伝えします。

 

あなたは、好きな香りは何ですか?

 

色とりどりのキレイなバラの香り、

また美味しそうなご飯の香り・・・

 

私たちの生活は、色々な香りの中でいっぱいですよね~

好きな香り、嫌いな香り・・・

 

香りの好みを判断している所って、実は脳なのです。

 

 

★香りをキャッチするところは?!

 

香りは脳にダイレクトに働きかけます。

香りが脳に伝わる時間は、ほんの0.2秒以下だと言われています。

あっという間に伝わります。

 

香りは、揮発性の分子です。

香りの分子が空気中に漂っています。

人は、鼻から息を吸うとき、香りの分子は空気と一緒に鼻の中に入ります。

そして、私たちは香りを感じます。香りの情報は、大脳辺縁系に伝わります。

大脳辺縁系を部位でいうと、扁桃体と海馬があります。

 

ここは、本能的な活動・情動・記憶の中枢になってきています。

 

感情記憶を司る部位と

香りを嗅ぐところで刺激される部位が一致しているのです。

 

香りの作用は、脳にダイレクトに働きかける結果、

私たちの心や感情に刺激されるのです。

 

この香りの力を使い、

美マインドや健康を手に入れるオーラ美人香り心理学について

次回も記事を書きます!

 

無料メール講座では、より詳しい香りの心理や、

色々な精油の作用についてお伝えします。是非、読んでみてね。