敬語の種類

こんにちは。仙台マナー[ブリリアンス]渡辺聖子です。

今日は、敬語についてお伝えします。

敬語というと、なんか難しそう~というイメージがありますが、基本を押さえれば大丈夫♪

あなたもキレイな言葉美人を目指しましょう!

敬語の種類について

敬語は主語で使い分けます。

丁寧語

自分の言葉や言い回しを丁寧な表現にして敬意を表します。立場に関係なく使用します。

例)会います。 言います。 行きます。 います。帰ります。

●[です・ます]の基本的な使い方

ご紹介いただきました、渡辺です。→ご紹介にあずかりました、渡辺でございます。

●ない+です は使わない。否定するときは[ません]を使う

知らないです→知りません わからないです→わかりません

ビジネス用語

こちら・あちら・そちら・どちら

あちら様はどなた様でしょうか  そちらのご用件を先に伺います

会社 [自分側]弊社・当社 [相手側]御社・貴社

品物      粗品         お品物

 

尊敬語

相手の動作を高めて尊敬の念を示す言葉。

例)お会いになる。 おっしゃる。 いらっしゃる。 お帰りになる。

●[お・ご]~になる

出かける→お出かけになる  参加する→ご参加になる

●[お・ご]~になれる

使う→お使いになれる 利用→ご利用になれる

●ご~なさる

利用する→ご利用なさる

●[お・ご]~くださる

知らせる→お知らせくださる

謙譲語

自分がへりくだることで相手を高め、尊敬の念を表します。

例)お目にかかる。申し上げる。参る。伺う。おる。おいとまする。失礼する。

●特別な言い回しとして使う謙譲語

知る・・存じ上げる   知らせる・・・お耳に入れる 行く・来る・・・参上する

美化語

[お]や[ご]をつけて言葉を美しく上品に表現する

例)金→お金 酒→お酒 結婚→ご結婚

二重敬語

ひとつのフレーズに敬語を2つ重ねてしまう、間違い敬語です。

とても丁寧な言葉!と思いがちですが、よく聞いてみると間違えている敬語が多々あります。

例)×お越しになられますか?

[お越しになる]は[お]+[~になる]の尊敬語です。そこに[~(ら)れる]という尊敬語をつけてしまい、二重に敬語が使われています。正しくは、お越しになりますか?です。

声に出して繰り返し練習すると、自然と言葉になって出てきます。きちんとした敬語を使えているつもりが、実は間違えていた!ということもあります。是非、この機会に敬語を勉強してみましょうね。

次回は、色々な場面で使える敬語についてお伝えします。

 

★無料メール講座

美しい所作や恋愛・婚活が上手く秘訣など女子力アップ情報満載!